足裏マッサージ、足つぼ、兵庫県の若石館姫路店なかた 台湾式足裏マッサージは足つぼ刺激でむくみ、疲れ・ストレス解消  リフレクソロジー 

message

トップ

最初は施術される側でしたが、若石健康法に出会って10年。
その門を叩き開業してから5年が経ちましたが今も念頭に置いて施術している事があります。
それは呉若石神父、鄭英吉先生から直接指導を受けた台湾研修で先生の言われたひとことでした。

「施術される人と施術者の間には小さな宇宙が出来る。それは互いの良いエネルギーを交換し合う空間となる。だから施術される側もする側も一緒に健康になり、若返る。」

つまり、施術者が自らの身体を傷つけながら施術しているとすれば、相手に良いエネルギーを注ぐことは出来ない、それでは何もならない。

若石健康法は1日に10人20人続けて施術をしたとしても1人目と同じ、体力と気力を満たしている状態で施術をする事が出来る。
パン(マッサージ棒)を使って施術をするのもその為で、10年20年後も指を傷める事なく、施術者が常にベストの状態で施術に向き合えるように使われている。

その思想を知り、こんな素晴らしい健康法に出会えた事に歓喜し、心が震えました。そして陰陽五行思想を核としたこの健康法を学んでいくうちに、あまりの奥深さに本当に私に出来るのだろうかと途方に暮れたこともありました。ですが、それなら60代になっても70才になっても身体が動く限り、足をもみ、学び続けたらいいじゃないかと思えるようになったんです。

足をもみ始めると次々と魅力のある素敵な方に出会いました。

足マッサージに来られるのですから、もちろん疲れていたり、身体に変調を感じたりしての事ですが、底力があるというのでしょうか、内に秘めたパワーを持っていて、それが溢れているのが足から伝わってくる。

その出会いを構み重ねていくうちに、パワーのある皆さんにある共通項を2つ見つけたのです。一つは「喜ばれる人」であるという事。仕事をしている方もあれば、専業主婦の方もありますが、自分一人を生きてないんです、もし「誰かのためにしているのか?」と尋ねたとしても、きっと「自分の為にしているだけ。」と答えが返ってくるのだと思いますが、自然体で喜びを分かち合う事を知っているから、強くてかっこいい。

2つ目は「諦めない人」ノンストップで生きてるから身体はへとへと、身体が言う事効かなくて、自分ではどうしていいか分からない、でも諦めるわけにはいかない、まだまだやらなきゃいけないのよ〜!!って駆け込んで来られる。「あんた、なんとかしなさいよ!」って(^_^;)だから、わたくしも必死です!!(苦笑)
面と向かってはこんな事なかなか言えませんので‥(^.^)

長くお付き合い頂いてる大好きな皆様にも、まだどんな奴なのか???と思われている皆様にもちょっと真面目にメッセージ書いてしまいました。暑い所、暑苦しい文章を御読み頂き、ありがとうございました。

謝謝

平成20年盛夏 

足もみ人、中田美穂 
                           

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional